◆買いたいものが決まっているときは?
買いたいものが決まっているときは、商品名や商品コード、型番をそのままキーワード入力の欄に入力して、Enterキーを押してください。
こんなふうに欲しいものの送料込みの最安値が表示されます。

※ 半角のカタカナ「カタカナ」は使わない方がきちんと検索できます。
※ キーワードはスペースで区切って複数入力した方が正確な検索ができます。
例えば、ドッグフードで「ベッツプラン」と入力するより、「ベッツプラン ウェイトケア」と入力した方が、余計なものが検索ででてきません。

◆買いたいものがわからないときは?
買いたいものが決まっていないときは、とりあえずのキーワードを入力して、「人気商品」欄にチェックを付けてから「検索」ボタンを押してください。
こんなふうに商品リストが表示されますので、このなかから欲しいものがみつかったら、型番を入力して、「人気商品」欄のチェックを外してから、もう一度検索してみてください。

※ CANONは「キヤノン」が正式名称です。「キャノン」だと違うものを検索してきます。


◆もう少し詳しい使い方
商品の型番を入力しても、欲しい情報以外の余計なものがたくさん出てくることがあります。
上の例でいうと「iP2600」という型番を入力して検索したら、プリンタケーブルや詰め替え用インクがたくさん出てきたというような場合です。
こんなふうにプリンタ本体とは思えない価格のものがずらずらと並んでいます。
検索では「iP2600」というキーワードが商品名や商品の説明に含まれるものを探してきますので、「iP2600用ケーブル」だったり「iP2600対応可」のような説明にもマッチしてしまいます。
そういうときは、「この値段以下のものは省いてもいいだろう」と思われる価格を、「  」 < 価格 ≦ 「  」 の左側の欄に入力してから検索してください。 「iP2600」のケースだと、「いくら安いところがあったとしても5千円以下で売ってることはないだろう」とあたりをつけて、「5000」 < 価格 ≦ 「 」 と入力してみます。そうすると、5千円以下の商品(ケーブルやインク)は省かれてプリンタ本体だけが表示されます。(大よその価格については人気商品チェックで探してみてください)


◆自分の住んでいる地域の設定
送料が全国一律ではなく、県や地域によって異なっている場合がありますので、まずは、自分の住んでいる県を選択しておいてください。
この情報はお使いのブラウザに90日間保存されます。
※ 県を選択しただけでは保存されません。
 「検索」ボタンを押して、検索が正しく実行されると県が保存されます。


◆調査中ってなに?
検索で該当した商品の送料や支払い条件、在庫の有無などを調べているとき「調査中」という表示になります。
送料や支払い条件は店舗ごとに決まっていて、一度調査した店舗は一定期間再調査しませんので、みなさんが使ってくださればくださるほど「調査中」の表示が出ずに、スムーズにお使いいただけます。

◆画像ありって?
商品の画像を表示します。「人気商品」チェックをしているときなどは、どういう商品なのか画面で見れたほうがいいので「画像あり」にチェックを入れて使ってください。

◆送料
表示される送料は、価格を比較するための目安であって、必ずしもその商品の正確な送料を意味するものではありませんので、商品ご購入の際には、必ず実際の販売店ホームページで送料をご確認ください。(送料条件のリンクから販売店の送料ページへ飛べるようになっています)
特に、「商品ごとに個別に送料が設定されている場合」や「送料込みになっている商品」、「他の商品との組合せで送料が変わるもの」、「サイズ・重さなどで送料が変わるもの」、「地域によって追加送料がかかるもの」、「キャンペーン中で送料無料」などは考慮していませんので、ご注意ください。

◆送料%
送料%は価格に占める送料の割合です。25%を超える場合は赤色で表示してありますので参考にしてください。

◆送料が不明な場合
販売店のページから、できる限り送料を自動抽出するようにしていますが、どうしてもわからないケースの送料は空欄になります。その場合、リスト上で一番高い送料+1円(700円以下の場合は700円)を送料として計算して、付きの表示になります。